RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2018年 セブ篇 その(12) 庭で咲いたドラゴン・フルーツの花

 2013年3月、ラオス・ヴィエンチャンへ行った時に、知り合いのラオス人の庭に生えていたドラゴン・フルーツの先端をもらい、セブへ帰ってからそれをいくつかに輪切りにし、ポットに植えた。

【結実するかどうか楽しみ】

 ドラゴン・フルーツというのはサボテンの仲間なので環境に強い植物になり、そのポットに根付いた苗を鉢植えにして育てたが、あまり手をかけないで育つには育つものの、実を結ぶまでには至らなかった。

 それでも3年半後に小さな花芽を一つ付けたが、これは育たず小さい内に枯れ落ちてしまった。このためラオス育ちのドラゴン・フルーツは、セブでは花も実も駄目な種類かとも思っていた。

 

しかし、セブ島の北の方に住む知人にこの苗を分けたら、花が咲き、結実したという話を聞き、植えた環境にもよるが諦めるのは早いと思った。

 それが、先日、家の者からドラゴン・フルーツの花が一つ咲いていると教えられて、急いで写真に撮った。咲いている場所は車の出入りするゲートの柱横で、あまり栽培条件は良い所ではないが、黄色い花を咲かせていた。

 ドラゴン・フルーツの花は、満月の夜に咲いて一晩で萎むといい、開花時は良い匂いを振り撒くらしいが、花の蕾自体があることさえも気が付かなかった。

 花は結構大きく、根元から25センチ近くあり、この大きな花が他の枝に寄りかかるように盛りを過ぎた感じで萎れが始まり、花は既に終わりへ向かっているようであった。

 

ドラゴン・フルーツは自家受粉より人工的に授粉させた方が結実すると聞いていたので、人工授粉しようと思っても花弁が雌蕊と雄蕊を覆い隠していて手が付けられない。しかし花自体は甘いのか、蟻が列を作ってたかっているので、蟻による受粉を期待したい。

 写真のドラゴン・フルーツの花は黄色く、細長い花弁を持っていて、他で知るドラゴン・フルーツの花は花弁はこれほど長くなく、品種はまた違うのかと分かるが、実の中味の色は白色になるか紅色になるのか花を見ただけでは分からない。

 ドラゴン・フルーツは結実してから2ヶ月くらいで収穫出来るそうだが、上手に育つかどうかは分からず、注目するしかないが、楽しみであることは確かである。

 

今でこそドラゴン・フルーツは知られた果実で、スーパーの店頭で普通に見られるが、ここ最近であって、小生自身も最近まで知らなかった。

 

タイのホテルに泊まった時、朝食のフルーツ皿に白身に点々と黒い胡麻の様な種を持ち、大根の様な感じのフルーツがドラゴン・フルーツとの初めての出会いだが、その傍にあった紅色の鱗の様な皮に包まれた様子も不気味な感じがした。

 

それでも食べて見たら、サクサクした感じは悪くはないが、中途半端な甘さで続けて食べてみたいという気は起きなかった。

 

それがラオス・ヴィエンチャンに住んでから、近くの市場内にある果物屋でドラゴン・フルーツを普通に目にするようになり値段の安さから買い求め食べるようになった。

 

最も淡白な味だから、ドラゴン・フルーツとマンゴーをスライスにし、ヨーグルトをかけて朝食に食べていた。

 

 このヨーグルトもヴィエンチャンの店で売っていた自家製の様な品物で、その味は濃く、現在セブで買っている市販のヨーグルトとはずいぶん違う。そういえば、ヴィエンチャンで買っていたタイ製の牛乳もセブで買う牛乳より遥かに濃厚であった。

 

 セブで購入する牛乳はロング・ライフ牛乳といわれる種類で、その味は小学生の頃給食で無理やり飲まされた『脱脂牛乳』そっくりで、こんな牛乳を大メーカーが売っているのかと驚くが、セブでは牛乳に関しては選択肢はない。

 

 このドラゴン・フルーツだが、セブの北の方にある畑に移植して専門的に栽培したら面白いと思うが、生き物相手は片手間では難しく、思うだけで実現には遠い。

 


 

author:cebushima, category:この一枚 2018 セブ篇, 11:24
-, trackbacks(0), pookmark
この一枚2018年 セブ篇 その(11) フィリピンの100円ショップ

 フィリピンの通貨単位1ペソは現在2.1円強だが、これは円が高くなっているためで2.4円から2.5円が近年の相場であり、この数値で100円を割ると42ペソくらいになる。

【必要のない物も含めてたくさん買い込むから結局店は儲かるようになっている】

 写真はセブのあるショッピング・モール内に出店している『100円ショップ』で、入り口の右下にP88と黄色く書かれているのは『全品88ペソ』の表示で、日本の100円ショップを真似ているのは明らか。

 確かに品揃えは100円ショップ同様だが、88ペソというと200円を遥かに超えるから200円ショップというべきだろうが、フィリピンでも100円ショップという言葉は浸透していて、結構な人気がある。

 100円ショップといえばダイソーになるが、今や大企業になっていて年間売り上げは2017年10月期までで4200億円というから、月当たりの売り上げは700億円、1日20億円以上を超すから驚き、たかが100円の商品と侮れない。

 この100円ショップ商売は目的の品物だけを買う客は儲からず、安いと思って次々と用もないのに衝動的に買い込む客がいないと成り立たない。

 小生など日本に居てもその時だけ必要な荷造り用のテープだけを買うといった最小限のものしか買わない客だから、どう見ても歓迎されない客であることは確かである。

 セブにもダイソーはいくつか出店していて、フィリピン人客で賑わっているが、ここでも小生はコーヒー・フィルター・ペーパー1袋だけという買い方でやはり歓迎されない客であることは変わらない。

 写真の店は『日本城』という名が付いているし、値段が中国人の好む8続きなので中国系の経営と思う。そういえばこういった均一料金で衝動買いを誘う商売は儲かるのか、韓国系の店もセブに進出している。

 こういう100円ショップ風の商売というのは他の国にもあって、先年住んだラオスでも似た店があって、そこは10000キップ、日本円で100円と文字通りの100円ショップ。ただし、品揃えは貧弱で何もここで買わなくても良いような物が多かった。

 いずれも『安い』という消費者心理を巧みに操った商売と思えるが、買う方が安いと思っていればそれで良く、他人の懐などどうでも良いか。

 さて、写真の88ペソショップ、フィリピンの収入水準からみるとかなり高く、1日の法定最低賃金がセブでは500ペソを切り、地方に行けば実態はその半分くらいで働いているなど少なくない。

 そういう経済環境では、88ペソショップで買い物するなどかなりの高級店で買い物するのと同じで、貧困層の多いフィリピンには縁のない店になる。

 そこからこういった店に出入りするのは少々余裕のある層で、こういう店で買い物するのは、小さな満足を得るためではないかなどと思ったりする。

 そういえば日本では安売りの店としかイメージのない『ユニクロ』が、海外では高級な店の位置を占め、このフィリピンでも同じで高級な店扱いになっている。

 これもやはり、中間層の虚栄心を満足させる仕掛けで、日本の良品計画やロフトが次々とフィリピンに進出、予定しているのもそういう路線かと思ったりする。

 しかし、セブに進出した良品計画の店など客が入っているのを見たことはなく、まだまだフィリピンは経済成長著しいとはいえ、この手の店が繁盛する状況ではないと実感させられる。


 

author:cebushima, category:この一枚 2018 セブ篇, 18:45
-, trackbacks(0), pookmark
この一枚2018年 セブ篇 その(10) 2013年の台風『ヨランダ』の住宅復興その後

 2013年12月8日から9日にかけてフィリピン中部を襲った100年に1度といわれる台風『ヨランダ』は、レイテ島、サマール島、そしてセブ島北部に甚大な被害をもたらした。
 

【写真−1 右下のサイン必要なのか選挙目当て見え見え】

 

 その死者・行方不明者は8000人に迫り、被災した住民は1600万人以上、全壊、半壊などの住宅被害は114万棟にのぼり、被害額は1000億円に達した。

 被災直後から世界中の国際機関やNGOが現地支援に入り物資を配ったりしたが、その熱気は月日が経つに連れて冷め、感心も薄れているし、あれほど現地に入ったNGOなどの影はほとんど見えず、一過性の支援であるのは否めない。

 時々、車で3時間ほどかけてセブ島北部へ行くが、被災直後は沿道の樹木がなぎ倒され、梢を吹き飛ばされたりして、爆撃後の様な見通しの良かった沿道は、既に4年以上経って元通りに繁り、台風の爪痕など全く見られない。

 また、被災した家屋の姿ももう見られなくなり、屋根が新しいトタン葺きに変わって壁の古さと対照的なのが、台風被災の名残りを微かに留めている。

 先日、セブ島最北端の町へ行き、知り合いを訪ねたが、その途中に家を作っている現場があり、写真−1のプレートが壁に張られていた。

 このプレートは赤十字の復興事業の一環で作られている家に張られていて、この家は復興住宅80318軒の内の3**45番目に作られていると分かる。

 プレートの上部に日本赤十字が協力している表示があり、日本赤十字がどのように住宅復興事業に関わっているかと調べたら、セブ島には4億6千万円の支出を予算化している。

 他の島はレイテ島に2億2千万円、サマール島に2億3千万円と、それらの島はセブより被害が大きかったのにも関わらず、セブよりどういう訳か予算は少ない。

 これは単に日本赤十字はセブ島の住宅支援を重点的に行っているだけで、他の島は別の組織が重点的に注ぎ込んでいると見て良いが、政治的な判断もあったのではないかと思う。

 プレート右下にサインがされているが、これはフィリピン赤十字社の総裁を務める『ゴードン』という人物のサインで、この人物、現在24人しか選出されない現職上院議員で、フィリピンでは有名な政治屋。

 フィリピン赤十字の総裁になっているのも、赤十字という全国組織を選挙運動に利用するためで、2013年の上院選挙では落選したが、総裁の顔で被災地各地でメディアに多く露出した。

 組織をフルに動かして2016年の上院選では当選。当選直後には全国の赤十字関係の施設の玄関前などに当選御礼の垂れ幕を掲げたくらいだから、人道がどうのこうのなど少しもなく、赤十字を売名で利用しているに過ぎない。

 もっとも、フィリピンはこの手の政治屋がほとんどで、選挙民も勝てば官軍で、利用価値があるのでその関係は強固になっているのが実態。とは書くものの、被害を受けた家が援助を受けて復興するのは結構なことである。

 

【写真−2 これだけの家の新築にどれだけ赤十字は援助しているのか】

 

 このプレートの張られた家の外観は写真−2になるが、それまで、この手の復興住宅というのをチラッと見たことがあって、壁は竹を編んだ材料を使う伝統的な家であったが、写真の家はブロック造りの本建築でビックリした。

 まだ、建築途上であるが中に入ったら、小さい個室が3室、キッチン、居間、トイレ・シャワー室もあり、この辺りの住宅水準からかなり立派で、都市部に来ても見劣りしない。

 これを建てるに当ってソックリ、赤十字から援助が出ているとは思えず、建築費の一部であると思うが、それにしてもこのように生活が向上するのは良いことである。

 

 写真の家を建てている家族は、トウモロコシなどを栽培する農家で、かつて訪ねた頃は子沢山で大変だなと思ったが、今はその子ども達が成人して独立しているから、今度は子ども達の援助があって立派な家が建てられているのではないかと思っている。

 

 この地方もフィリピンの例に漏れず、5人や6人の子どもを持つ家庭が多く、元々セブ島でも貧困地域であり、農業をやっているから何とか食えている典型的な農村地域。

 

 それが子どもが成人し、都会に出て働くようになると貧困から少しずつ抜け出るようになるが、貧困は再生産されるという言葉があるように、それら世代が都会に出ても元々失業率が高い(一説には20数%)だから、そうは簡単に貧困から脱出するには行かない。


 さて、ヨランダ被災地は被害によってかなり住宅やインフラが整備されて、復興のための働き口が生まれ、被災地は以前より家が良くなり、被災を受けなかった地域から羨ましがられているという話も聞く。

 他人の幸せを素直に喜べない嫉妬心がフィリピン人は強いといわれるが、あまり聞きたくない話である。


 

author:cebushima, category:この一枚 2018 セブ篇, 19:13
-, trackbacks(0), pookmark