RSS | ATOM | SEARCH
6月30日(日) 曇り時々雨、風なし 閑話休題 《 フィリピンのブラック企業のことなど 》
 最近、日本では『ブラック企業』という言葉が頻繁に出てくる。以前はブラック企業とは『ヤクザ組織の傘下にあって合法的な経済活動をする企業』の事を言っていたが、今はそういった存在を言うのではなく、上場企業や時流に乗って大きく伸長した企業で『労働者を阿漕に働かせる企業』を言い、中国語では『血汗工廠』と表現するらしいが言い得ている。

 アメリカ型の雇用形態になって日本の経済は駄目になってしまったとは良く言われる話だが、能力主義の名を借りた労働者の使い捨て日本になったのは確かである。

 昔は臨時雇いで使って本採用にするというのは普通だったが、今は最初から契約社員と体の良い切り捨て御免体制が普通になっているから驚く。これでは働いても将来に希望は見えないし、地道にやって行こうという気にもならなく、社会的な損失をも生んでいる。

 この間、見た資料では真面目に働いていても年収300万円以下の人が非常に多く、この年収300万という額は、これを越えないと結婚に踏み切れない額ともあった。日本の男女の晩婚化は既に顕著だが、30代でも300万以下の収入者などゴロゴロ居て、私の周りでももう40歳の方に近いのに独身などという人は結構多い。

 結婚は収入ではなく『一人口は養えなくても二人口は養える』などと、昔から結婚すれば貧乏でも何とかなるものだと言われていたが、そういった言葉も今や死語になりそうだ。

 さて標題に戻すが、フィリピンの場合、企業というより国そのものがブラック企業と言っても良いと思う。例えばこの国には6ヶ月間雇用すると、その次は必ず正社員として雇用しなければならない法律がある。これは逆に6ヶ月後は簡単に首に出来る制度で、労働者に取っては使い捨て同様の規定。

 実際の運用は6ヶ月後に間を開けて再雇用出来る抜け道があって働けるが、それでも確か1年以上は無理となっている。通常は6ヶ月で首を切るが、これでは熟練労働者は育たない。

 その上フィリピンは人口爆発国の一つで、人口は既に1億人を越え、そう遠くない将来には日本の人口を追い越す。昔から国内には働き口が少ないから、労働者を海外に輸出して、その数今や1200万人という。その海外出稼ぎ労働者が送金する金が莫大で国家予算以上の額に達する。労働人口は豊富だから6ヶ月サイクルで人を使う企業は当たり前。

 その昔、デパートに行って女性従業員が座り込んで働かない姿を見て『フィリピンは怠惰な国』との印象を抱いたが、実はその従業員達は6ヶ月で当たり前のように使い捨てられる労働者で、この事情が分かってからは私も『サボっても当然』との気持ちになった。

 さて、日本のブラック企業の話をしよう。『2013年ブラック企業大賞』というネット投票があって、そこを覗いたら今年度は8社が候補に挙がっていた。今日までの投票総数は17千票余だが、トップを行くのは『ワタミ』で実に4人に3人は投票している。この会社のオーナーは都知事選に出て落選、今度は自民党から参議院選に出るようだが、ただ儲け方が巧いというだけの人物。

 他の大賞候補は食べ物商売が2社、どこもチェーン店化して急激に伸びているが労働環境は相当酷い。他に従来から言われている運輸会社やアパレル会社、『ベネッセ』などという教育関連で伸ばした会社が候補になっていて、昔『福武書店』といった時代から見ると雲泥の変化。

 『東急ハンズ』も入っているし、変わり種は『東北大学』。大学など徒弟制度のメッカで、パワハラなど当たり前だからムベなるかで、別口で『ブラック大学・学校』というランクを作ったら面白いのではないか。

 これらの企業に共通しているのはいずれも自殺者を出し、また精神的労災認定者を出し、労働基準監督署から労働条件改善の勧告をされていながら、経営側は責任を認めようとしないことで、こういった店を利用しない、買わないといった運動で対抗するしかない。なお『2013年ブラック企業大賞』HPは以下。
http://www.enlog.jp/enqResult/14063/ 


author:cebushima, category:閑話休題2013年6月, 18:30
-, trackbacks(0), pookmark
6月27日(木) 曇り一時雨、風なし 閑話休題 《 パラワン島・プエルト・プリンセサ市の戦争博物館など 》
 34日の日程でフィリピン諸島西にあるパラワン島を訪れた。パラワン島には23年前にセブから行っていて、州都プエルト・プリンセサ市と近くの島に滞在したが、どのように変わったかも楽しみだった。その当時、世界遺産指定前の『地底川』は秘境で、見に行くには交通も道も不便で行くのを断念したが今回はツアーコースに乗っての見学と相成った。

 秘境と言われた地底川もすっかり観光コースの一つとなって、平日なのに観光客はワンサと押しかけ熱海化した賑わい。

 これが旅行シーズーンや連休中は恐ろしいほどの雑踏になると思われるが、地底川見物は一日当たりの見学客を制限していて、高額な入場料と登録を義務付けている。こういった管理された観光業が良いのか悪いのか分からないが無制限よりは良いとは思うが、ともかく静寂とは縁遠い環境になったのは事実である。

 その後も市内観光やらお仕着せのコースを回って、ホテルへ戻るコースを消化するが、やはりこういった定食コースは性に合わず、身体は楽だが気持ちはウンザリ疲れるだけ。ホテルに戻ってフロントに戦争博物館のパンフレットがあったので行ってみるが、地元のトライシクル(三輪オートバイ)の運転手も地図を見せても分からなく、変な場所に入って行く始末。

 ようやく見つけた博物館は正式には『WW- Memorial Museum』、第二次世界大戦記念博物館というのが正式になるが、普通の民家のような作り。庭にはアメリカの1957年式ビュウイックが飾ってあって、これは戦争オタクの個人的博物館かなと思った。平屋の建物内には大戦中の武器や爆弾などが国別に集められ展示されていて、良く集めたなとは思うがオタクな感じは否めない。

 日本軍の部屋では寄せ書きされた日章旗が飾られてあったが係員の女性から何が書いてあるか説明を求められたから、日本人が来るのは珍しいのかも知れない。ちなみにこの日章旗の持ち主は福島県会津の出身で、生死は不明。

 戦時中のパラワンの様子を写した写真があって、パラワンにも日本軍は進駐し、日本側の資料を見ると第102師団の中隊が2個、他に飛行場大隊が敗戦時には居たが、この102師団なるもの、1944年(昭和19年)615日にフィリピンで編成された即席師団の一つで、セブとも縁が深いがその年の10月がレイテ島にマッカーサー上陸だから泥縄の形ばかりの師団だった。

 ところが編成間もない1214日、パラワン駐屯日本軍は飛行場建設に使役させていた米軍捕虜150人を防空壕に押し込めてガソリンで焼き殺す事件を起こす。この事件は139人死亡、11人が生存した虐殺事件として戦史に残るが調べてみると意外というか当然というか、事件を起こした部隊、人物など分からず、掲載した写真はその戦争博物館に掲げてあった写真の一枚。

 BC
級戦犯が横浜で裁かれ『パラワン虐殺事件』の被告の写真になるがどういう判決が出たのかも分からない。その気になって防衛省の戦史室に行って調べれば全体像は分かるだろうが。私も戦争には興味は高い方だがパラワンの焼殺事件は知らず、不明を恥じるばかりだが、館長と思しき人物が欧米の来館者に説明していたが、後で聞いてみると地元の有力者で父親の代からこの博物館を開いているという。

 戦争オタクの博物館と思ったのを恥じるが、殺すことを目的とする戦争はお互い様と忘却、納得する時代に入っている嫌な時代にあって、それは殺した側の論理であって殺された側の論理と一緒にするべきではないと痛く感じる。
 

 戦争を当たり前に出来るように目論む現在のきな臭い日本の政治、世相に恐ろしさを覚え、市内観光に是非、ここを加えるべきで、加害者の日本人は行きたくないだろうが、つまらぬ鰐の養殖場見学より余程ためになり観光コースに入れるべきと思った。


 
author:cebushima, category:閑話休題2013年6月, 19:44
-, trackbacks(0), pookmark
6月21日(金) 晴れ時々曇り、風なし 閑話休題 《 面白うてやがて悲しきジンベイザメ 》
 セブ市から南に下ること120キロほど、南の端東岸に『OSLOB=オスロブ』という町がある。人口278000人ほどのこれといって産業を持たない静かな町だが、ここ数年『ジンベイザメ』見物で脚光を浴び、かなり有名な場所となった。

 ジンベイザメは鮫とはいいながら危険性はなく、主にプランクトンを食べているという。それでも魚類では最大の長さになり、全長20m位のもあるそうだから迫力はあり、ダイヴィングをする人間は水中で一緒に撮った写真を宝物にしている者が多い。

 先日、このジンベイザメを見にこの町に泊りがけで出かけた。セブ島南部地方は北部と違って、山の裾が海岸間近まで迫っていて道路は海岸沿いを縫うようにして切り開かれ、ヘアピン・カーブを描く所もかなりあって、上下も激しい。

 20
年位前に初めてこちら方面を回った時は道路を開削中の所や、未舗装道路が続いていて、セブの秘境の様な感じがあったが、今はそういう雰囲気はない。何年か前にもこちら方面を回ったことがあるが、まだ宿泊設備など不十分でどこに泊まるか探したことがあった。ところが今はこの『ジンベイザメ』観光のためリゾート施設が海岸沿いに並び困るようなことはない。

 泊まったリゾートはジンベイザメが出没する海面に近く便利だが、個人の別荘敷地内に宿泊棟を作ってリゾートとしていて、他もこのような俄かリゾートが多いようだ。平日なので静かな夜を過ごして朝起きたらかなりの賑わい。一番驚いたのはセブの空港タクシーで乗り付けた客が居て、これは空港到着後、当地を目指したようだがこの空港タクシー通常の倍の値段の設定で、3時間近くを飛ばしてきたのだから相当な値段と思うが、その位価値があるジンベイザメ見物なのだろう。

 早朝の海、150メートル位の沖合の海面に小さなボートが既に20杯ほど固まっていて、海面を良く見ると三角の背びれが海面を切って泳いでいるのが見える。この見物は町のNGOのような組織が一手に仕切っていて、自由に観に行くことが出来ずここにボート乗艇料を含んだ入場料を払うが、船からの見物だけ、泳いで観る人など細かく分けられ、あるいは地元と外人値段に分けられ外人は1000ペソ(約2400円)近く取られたと思うから安くはない。

 乗船前に、水中見物では4m以上は近づかない、カメラはフラッシュをしないなど注意を受けてから船に乗り込むが、この船もフィリピンで普通に見られる船とは違い、見物客が中で立ち上がってもバランスの崩れない船底まで深い作りになっている。

 写真がその海面に着いてから撮った一枚になるが、手前と奥の船に立ち泳ぎして餌をもらっているジンベイザメが写る。この水域では5匹かそれ以上のジンベイザメが遊弋しながら餌をやる係りの船に寄ってきてそれを見る仕組みで、迫力あって観ていて飽きないが、やっていることは柵のない水族館で、オキアミを蒔いてもらう度に大きな口を開けるジンベイザメは愛嬌もあって面白いが、ここまで餌付けされてこの先大丈夫かなという気もする。

 ジンベイザメは地元では『Butanding』と呼ばれ英名は『Whale Shark』と鯨と鮫の両方の名をもらい、かつてはルソン島南端の海のジンベイザメ見物が知られていたが、今はセブの方が有名になった。

 ジンベイザメがこの海域に集まるのはセブ島とネグロス島の海峡に位置し、潮流が交じり合い餌のプランクトンが豊富なためといい、昔から、時には釣られたり網にかかって食べていたらしいが今はこのように保護されて観光資源になり、それに目を付けてここまで発展させた人物は誰だか知らないが手腕はなかなかの物。

 時間にして30分位の見物で次の船と交代となり、リゾートに戻るとセブ方面から続々と客が到着していて、ジンベイザメ見物に出かけて行く。平日にも限らずあとからあとから客は押し寄せて、これが週末や連休中だったら、押すな押すなの混雑ではないかと想像させられた。この騒ぎは昼過ぎまで続き、午後はジンベイザメも飽食して何処へか消えたのか、あれほど群がっていた海上の船も姿を消した。

 このジンベイザメ見物は地元民の雇用に大いに役立っているようで、揃いのTシャツを着て仕事をしていたが、元々、漁業を生業としていた人達で、観光サービス業に転向して本当にこの収入、好況を喜んでいるかどうかは別の話。と文句を並べているようだが、次回は船上ではなくダイヴィングで海中から見物したいと思っているから、魅力は充分にある観光資源である。


 
author:cebushima, category:閑話休題2013年6月, 19:30
-, trackbacks(0), pookmark