RSS | ATOM | SEARCH
へそ曲がりセブ島暮らし2018年 その(17) 『世界最長の徒歩旅行』に出て来るホンジュラス

 1990年初版発行『世界最長の徒歩旅行』を読んだ。この本は日本からセブに送った段ボール箱入りの本が長らくそのままになっていて、一部の箱にシロアリ被害を受け開梱した中にあったもので、読んだ記憶がないので改めて開いた。
 

【それにしても凄い旅だ】


 このように書名などに引かれて買って死蔵してしまった本は多く、この本の場合、細かい字でピッシリ書かれていて、翻訳本に付きものの回りくどい表現が多く、読み始めたものの放棄したのではないかと思う。

 この本の筆者はイギリス人で、7年の歳月をかけて南アメリカ最南端のフェゴ島から北アメリカのアラスカ北端まで歩いた記録だが、原著は400ページを超えるのでこの翻訳本ではその半分以下のページに抑えられている。

 そのため、南端からメキシコへ入るまでの記録が重点的に掲載されていて、普通、南北縦断というと北米大陸側の太平洋側を北上するが、この旅は北米大陸を西から東へ横断するなど珍しいコースを取っているが本書では省略されている。

 その中で、中米のニカラグアからホンジュラスを経てグアテマラへ入る様子も書かれていて、ホンジュラスには家人と共に2年間住んだことがあったので、その部分を先に読んだ。

 徒歩旅行中のニカラグアは内戦の真っ最中で、そういう危険地域を通り抜けたことに驚かされるが、ニカラグアと国境を接するホンジュラスのエル・パライソの町に入ってようやく安心したという。

 エル・パライソへは行ったことはあるが、小さな町で当時はエル・パライソ南西方向にあるチョルテカがニカラグアへの要路で、その町へも訪れているが、大型トラックの多い道であった。

 著者はエル・パライソから首都テグシガルパを目指し、次にコマヤグアの記述が出て来るが、この間は車でも通り抜けるには急な山道になっていて、車で何度もこの道を往復したことを想い出す。

 

コマヤグアはホンジュラスで2年住んでいた場所で想い出も多いが、筆者が一夜の宿を乞いた宮殿の様な司教の館というのは、借りていた家の裏手にあった今は博物館となっている建物ではないかなどと想像を巡らす。

 

 ホンジュラスの地図を持ち帰っているので筆者のルートを辿ってみると、ホンジュラス第2の都市サン・ペドロ・スーラを経て、次の国グアテマラ方面に向かうが、グアテマラ国境への途中の町の経由ルートに、記述が誤りなのか訳文がおかしいのか分からない点もある。

 

 グアテマラ国境近くにはマヤ帝国の『コパン遺跡』があって、その遺跡近くにグアテマラへ抜ける道があり、この国境を家人と見物に行ったことがあるが、筆者はそこからではなく南にある国境からグアテマラへ入った。

 

 歩いて旅行する人は古今東西多いが、地球の赤道の周囲は4万4千キロあり、これ以上の距離を歩いた人を『長距離徒歩旅行者』と呼ぶらしいが、本書の副題に『南北アメリカ大陸縦断3万キロ』とあるように、少々距離は足りないが1980年代初めには紛れもない偉業であることは確か。
 

 2000年に45歳のカナダ人が11年間かけて64ヶ国、7万5千キロを歩いた記録があり、日本人がリヤカーを引いて40年以上かけて少しずつ積み重ねて5万キロ歩いた記録もあるが、他にも無名、有名の徒歩旅行者は数多いと思われる。


 小生も歩くことは好きで、学生の頃に箱根から京都三条大橋までの東海道を歩いたことがあり、真夏の暑い時期に荷物を背負ってよくぞ歩き切ったと、今思い出しても不思議で若いというのはそういうものだなと思う。

 

 東海道を日本橋から京都まで歩くと考える人間は珍しくなく、その時鈴鹿峠近くで道連れになった長野県出身の学生がいて、京都まで歩いたがその時は旅の後半もあって歩きは順調で、1日50キロ以上を記録した。

 

 この当時の旧東海道筋はまだその面影を残す宿場町と建物がかなり残っていて、最後の江戸を体験したと思っているし、公園や軒下で野宿しても不審者として咎められることはなく、今の様な監視社会ではこの手の旅行は難しくなったのではないか。

 

 このアメリカ南北大陸縦断の旅で想い出したが、かつて北海道を自転車で回った時に道東で会った旅行者と意気投合して、『南北アメリカ大陸を2人乗り自転車で走ろう』と話しているが、その壮大な夢もいつの間にか消えてしまった。

 

 この著者の奥さんは日本人で、最初は南端から一緒に歩き出したが、旅行中に妊娠し日本へ帰り産んでいるが、著者は時々コース途中で妻と会ってたりして旅を続け、最終的には2人の子どもをもうけている。

 

 その日本人奥さんもなかなかの人物と思うが、今もどこかでこの家族は世界のどこかで生活しているのであろうか。旅の途中に生まれた子どもの歳を考えると、もうかなりの年齢になっていると思われる。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2017, 18:29
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima.com/trackback/3174