RSS | ATOM | SEARCH
プーケット・ピーピー島・クラビ紀行 2018 その−(37) 朝の散歩で湾の外れまで行くと

【写真−1 見た目は面白いが走っていると相当騒音を振り撒く】

 

 引き潮で浜に横たわる船の一つが写真−1。この方面で使われている船は舳が長く切り立っているのが特徴で、使われている材もゴツイ。その舳に巻かれた布が目に鮮やかで、これは装飾もあるが、宗教的な意味もあるようだ。

 

【写真−2 アジアの庶民的なビーチという感じ】
 

 観光客相手の店が写真−2で、まだ朝が早いのでようやく店を開けた感じ。この辺りの浜では、一晩中大音量の音楽を流して騒いでいて、近隣の宿泊施設から苦情は出ないのかと思うが、毎晩やっていてフィリピンより性質が悪い。


【写真−3 建造している様子を見学したいが】
 

 写真−3はかなり年季の入った木造艇。竜骨に肋材を立て外板を張る船造りの基本が詰まっている。材料は分からなかったが、船材は水に強いタイで多く出るチーク材を使っているような感じもしたが、他の水に強い硬木を使っているようだ。

                                                        

【写真−4 この辺りは反対側の海岸まで標高1メートル】
 

 浜から1mほど高くなった土地の上に写真−4の青い看板が立っていた。これは『津波に注意』の表示で、津波の時は高い所へ逃げろとあるが、表示を見てそうだと思う人は日本人を除いて少なく、本当に役に立つか疑問。

 

【写真−5 向こうに見える建物も全部宿泊施設】
 

泊まっているホテルから一番遠い浜の上で見かけた船が写真−5。最初見た時は座礁したのかと思ったが、この船は物資を乗せたトラックを運んできた。満潮になれば船は浮かぶので、上陸用舟艇と同じ形式になり港は必要なくなりなるほどと思った。

 

【写真−6 他でもリゾート施設を作っているが環境的には島は満杯】
 

 その建築資材を運ぶトラックを乗せた船が停まる陸側はリゾート施設建設現場で写真−6の車を見かける。ピーピー島内には車が走っていなくて、バイクも警察の物しか見かけなく良いと思ったが、何事も例外はあるようだ。

 


 

author:cebushima, category:プーケット・ピーピー島・クラビ紀行 2018年, 19:52
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima.com/trackback/3181