RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2018年 セブ篇 その(12) 庭で咲いたドラゴン・フルーツの花

 2013年3月、ラオス・ヴィエンチャンへ行った時に、知り合いのラオス人の庭に生えていたドラゴン・フルーツの先端をもらい、セブへ帰ってからそれをいくつかに輪切りにし、ポットに植えた。

【結実するかどうか楽しみ】

 ドラゴン・フルーツというのはサボテンの仲間なので環境に強い植物になり、そのポットに根付いた苗を鉢植えにして育てたが、あまり手をかけないで育つには育つものの、実を結ぶまでには至らなかった。

 それでも3年半後に小さな花芽を一つ付けたが、これは育たず小さい内に枯れ落ちてしまった。このためラオス育ちのドラゴン・フルーツは、セブでは花も実も駄目な種類かとも思っていた。

 

しかし、セブ島の北の方に住む知人にこの苗を分けたら、花が咲き、結実したという話を聞き、植えた環境にもよるが諦めるのは早いと思った。

 それが、先日、家の者からドラゴン・フルーツの花が一つ咲いていると教えられて、急いで写真に撮った。咲いている場所は車の出入りするゲートの柱横で、あまり栽培条件は良い所ではないが、黄色い花を咲かせていた。

 ドラゴン・フルーツの花は、満月の夜に咲いて一晩で萎むといい、開花時は良い匂いを振り撒くらしいが、花の蕾自体があることさえも気が付かなかった。

 花は結構大きく、根元から25センチ近くあり、この大きな花が他の枝に寄りかかるように盛りを過ぎた感じで萎れが始まり、花は既に終わりへ向かっているようであった。

 

ドラゴン・フルーツは自家受粉より人工的に授粉させた方が結実すると聞いていたので、人工授粉しようと思っても花弁が雌蕊と雄蕊を覆い隠していて手が付けられない。しかし花自体は甘いのか、蟻が列を作ってたかっているので、蟻による受粉を期待したい。

 写真のドラゴン・フルーツの花は黄色く、細長い花弁を持っていて、他で知るドラゴン・フルーツの花は花弁はこれほど長くなく、品種はまた違うのかと分かるが、実の中味の色は白色になるか紅色になるのか花を見ただけでは分からない。

 ドラゴン・フルーツは結実してから2ヶ月くらいで収穫出来るそうだが、上手に育つかどうかは分からず、注目するしかないが、楽しみであることは確かである。

 

今でこそドラゴン・フルーツは知られた果実で、スーパーの店頭で普通に見られるが、ここ最近であって、小生自身も最近まで知らなかった。

 

タイのホテルに泊まった時、朝食のフルーツ皿に白身に点々と黒い胡麻の様な種を持ち、大根の様な感じのフルーツがドラゴン・フルーツとの初めての出会いだが、その傍にあった紅色の鱗の様な皮に包まれた様子も不気味な感じがした。

 

それでも食べて見たら、サクサクした感じは悪くはないが、中途半端な甘さで続けて食べてみたいという気は起きなかった。

 

それがラオス・ヴィエンチャンに住んでから、近くの市場内にある果物屋でドラゴン・フルーツを普通に目にするようになり値段の安さから買い求め食べるようになった。

 

最も淡白な味だから、ドラゴン・フルーツとマンゴーをスライスにし、ヨーグルトをかけて朝食に食べていた。

 

 このヨーグルトもヴィエンチャンの店で売っていた自家製の様な品物で、その味は濃く、現在セブで買っている市販のヨーグルトとはずいぶん違う。そういえば、ヴィエンチャンで買っていたタイ製の牛乳もセブで買う牛乳より遥かに濃厚であった。

 

 セブで購入する牛乳はロング・ライフ牛乳といわれる種類で、その味は小学生の頃給食で無理やり飲まされた『脱脂牛乳』そっくりで、こんな牛乳を大メーカーが売っているのかと驚くが、セブでは牛乳に関しては選択肢はない。

 

 このドラゴン・フルーツだが、セブの北の方にある畑に移植して専門的に栽培したら面白いと思うが、生き物相手は片手間では難しく、思うだけで実現には遠い。

 


 

author:cebushima, category:この一枚 2018 セブ篇, 11:24
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima.com/trackback/3184