RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2018年 セブ篇 その(13) セブでポルシェが売れる時代

 先日セブの埋め立て地に造られたショッピング・モールへ初めて行ったが、その中に写真の自動車を扱っている販売会社があった。

【これがポルシェかという特徴のない青い車】

 写真の左に写る看板にロゴと『PORSCHE
』の文字があり、セブにもポルシェを扱う店があるのかと驚いた。ポルシェは長年の憧れの車であったが、小生の憧れていたのは、このショー・ルームに置かれていたような今風の無個性な車種ではなく、『356
』と、その後継モデルの『911』であった。

 写真に写るオープン・タイプのポルシェなどあまり興味はない。ポルシェという名前は開発者のポルシェ博士から取っていて、同じドイツ製のフォルクスワーゲンのビートルとポルシェが似通ったデザインになっているのは、同博士がビートル開発に関わったためである。

 356は戦後の1948年から売り出したが、ポルシェの名を一躍有名にしたのは1955年5月に、映画俳優の『ジェームス・ディーン』の運転していたポルシェが事故を起こし、ディーンは死亡。この時乗っていた車は『ポルシェ550』というレース仕様車で、ディーンはレース場に運ぶために自ら運転し事故に遭ったとされている。

 356は1965年まで生産が続けられ、その後継車が911で、現在まで仕様は変わってはいるがポルシェの味は継続され生産が続いているが、最近はゴテゴテとしたデザインが加わり、ポルシェの良さは失われている。

 小生が高校生の頃に『平凡パンチ』が創刊され、アイヴィー・ルックが流行り、『VAN』の製品を買うために新宿の『三峰』に行くのが楽しみな時代であったが、日本で初めて自動車レースが鈴鹿で開催されたのもこの時代であった。

 第1回日本グランプリが開かれたのは1963年で、この年に『ポルシェ904』を駆って優勝したのは式場壮吉と思っていたが、式場は第1回にはトヨタのレース仕様の『コロナ』に乗って優勝していて、ポルシェで優勝したのは第2回日本グランプリの時で、記憶違いと分かった。

 平凡パンチが創刊されたのがこの年、1964年の4月で、日本グランプリ開催に合わせて記事が組まれていて、山手線の中で若い男の人が読んでいた平凡パンチをを横目で覗いていたのを思い出した。

 式場は山下清を見出した著名な精神科医を叔父に持つ、千葉県市川の病院の御曹司で、好きな車に打ち込めるいわゆる金持ちのドラ息子であったが、日本の自動車レースのパイオニアであったことは間違いない。

 レース界から退いた式場はいろいろな事業をしたが最後には病院経営に専念、再び世に名前が出たのは1978年に歌手の欧陽菲菲と再婚したことだが、2016年に77歳で亡くなっている。

 レース界を退いてから式場が乗っていた車はロールスロイスやベントレー、フェラーリといったシリーズの中の名車ばかりで、車三昧の人生を送ったことが分かり、鈴鹿で走ったポルシェ904は持ち主は点々としたらしいが、今も現存するというから一度見てみたいものである。

 ポルシェは憧れの車と書いたが、一度ポルシェ911を買う気になったことがある。知人が使っていた並行輸入車で金額も少々無理すれば買えそうであったが、その話が進んでいる内に海外へ出ることになって断念した。

 さて、写真に戻るが写真の青いオープン・カーは『ボクスター718』という車種で、ボクスターはポルシェの中でオープン・カー専門の車種で、ポルシェの中では異彩な位置を占めるが、昔からのポルシェ・ファンにどうもという感じがある。

 しかし、1千万円を軽く超すポルシェの中では案外と安く、日本では700万から800万円で売られているらしい。このフィリピンではいくらで売られているのか分からないが、倍ぐらいはするのではないか。

 どこの国でも金を持つと高い車を持って誇示する連中があるのは共通していて、そういった高い値段を付けてもフィリピンには買う層があり、商売としてはやって行けるようだ。

 このポルシェの同じフロアーにやはりドイツ車の『アウディ―』が売られていて、富裕層向けの戦略でこの販売店があると分かるが、1日1ドルで暮らすような貧困層が溢れるフィリピンではいくら何でも目立つ。

 そういえばアキノ前大統領がポルシェを愛車としていたのは有名だが、在任中は運転を禁止されていたと聞き、退任した今はそのポルシェのハンドルを握っているのだろうか。

 スピードの出る高性能車も結構だが、セブで写真の様な車を走らせてもスピードの出せる道はないし、慢性の地獄的な渋滞に巻き込まれたらどうにもならないし、売り物のオープンも照り付けるフィリピンの太陽の下では干上がってしまうから役に立たず、こういう車を持つ人はそういうことを意にかけない金持ちでないと駄目なようだ。

 こうしてポルシェのことを連綿と書いているが、結局ポルシェを持つことは諦めて、フォルクスワーゲン・ビートルを日本とフィリピンで持ったのが気休めになるが、このビートルを『貧乏人のポルシェ』と呼ぶが、確かにデザインと水平対向の空冷エンジンを後部に積んだ様子はポルシェと同じである。


 

author:cebushima, category:この一枚 2018 セブ篇, 19:17
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima.com/trackback/3188