RSS | ATOM | SEARCH
東京慕情 その(26) 文化篇−3 東京の縁日 お酉さま、朝顔市、ほおずき市

 千住の実家近くに大正時代に作られた『大正道路』があって、子ども頃この通りでは夜店が開かれていた。夜店は縁日に出るもので、この通りには小さな『お稲荷さん』があって、それにちなんでいるが、子どもにとっては夜店の面白さと楽しさしか用はなかった。

【写真−1 平日の何もない神社も面白い】

 いつ頃この夜店がなくなったのか知らないが、老人ばかり住む町になってそういった催しを行う元気が失せたことがなくなった理由の一つと思うが、記憶の中にあるだけで写真などは一切ない。

 そこで写真に残っている東京の知られた縁日のことを書いてみたい。写真−1
は台東区千束にある『鷲(おおとり)神社』で、この写真は2010年4月、浅草へ行った帰りのバス車内から写している。

 鷲神社は『お酉さま』という呼び方が知られていて、この写真では気の抜けた変哲もない神社風景を晒しているが、毎年11月の『酉の日』には何十万人も押し寄せて人の波で賑わう。

 お酉様へ行った記憶は小学生の頃からあり、両親に連れられその帰りは浅草に出て美味い物を食べるというのが、我が家の年中行事であった。今の東京は身の凍えるような寒さというのはなくなったが、子どもの頃は木枯らしが電線を鳴らし、氷や霜柱は普通で水道管が凍る日もあった。

 お酉さまは夜に行くため、防寒を充分にして出掛けるが、それでも寒く震えながら神社内を歩くが、境内は人でギッシリ、歩くこともままならず、遠くからお賽銭を投げる人が多く、そのお賽銭がフードの中に入っていたこともあった。

 このお酉さまはいろいろな縁起物の小物を取り付けた『熊手』を売る店が並び、買い手と売り手の話がまとまると威勢の良い声で手締めをしていて、いかにも江戸の風物というのが子どもでも感じた。

 この熊手、商いをする人は年々大きくしていくのが定法らしいが、小生の家の様な普通の家庭は神社で稲穂が付いたお札の様な物を買っていたと思うが、詳しいことは覚えていない。

 お酉さまは酉の日に行われるが、11月の一の酉、二の酉までだが、年によっては三の酉まであることもあり、その年は火事が多いと昔からいうが、あまり根拠はなく、今年の2018年は三の酉まである。

【写真−2 最近は縁日に浴衣で歩くのが流行っているらしい】

 写真−2は同じ台東区の『入谷の朝顔市』光景で、写真を撮った日は2010年7月8日。これで分かるように朝顔市は七夕の前後に開催される。

 入谷の朝顔市として有名になっているが、元々はここにある法華宗の『真源寺』という寺の境内で朝顔を披露したのが始まりという。真源寺という名はあまり知られていなくて、別名『入谷の鬼子母神』といえば知られるが、境内は都市化の波に囲まれて普段は目立たない佇まいである。

 入谷は『入谷田圃』という言葉があるように江戸期は田圃の広がる地で、すぐ傍には『根岸の里』もあり、鄙びた地域であった。そこに住む植木屋が朝顔を栽培し売っていたが、かなり賑わったがいつの頃か廃れて、今のように復活したのは戦後になってからという。

 朝顔市は夏休み前の暑い時期で、やはり両親に連れられて行き、その後浅草で食事というのはお酉さまと同じだが、朝顔市で買った鉢を抱えて浅草を歩くのが少々自慢の感じもあった。

 写真に写っている朝顔の鉢はプラスティック製で、支柱もプラスティックになっているが、子どもの時に抱えて持った鉢は素焼きで支柱も竹であり、時代の変化を感じさせ、値段も10倍くらいになっていて、気軽に変えた朝顔も今や高級品の趣きがある。

 この入谷で買った朝顔、夏休みの宿題で観察絵日記を作ったこともあるが、花の終わった鉢はどうしていたのだろうと改めて想い出す。

【写真−3 いなせな装いで売っているが多くはアルバイト】

 写真−3は浅草寺境内の『ほおずき市』で、撮影日は2010年7月10日とあり、入谷の朝顔市へ行った2日後に行ったことが分かる。浅草寺境内では色々な縁日があり、この『ほおずき市』と、12月16日の『羽子板市』が特に有名で、何れも由来は浅草寺の縁起と関係がある。

 

 ほおずき市は浅草寺に年12日ある『功徳日』と関係があり、功徳日とはこの日に浅草寺にお参りすると普段より何倍も効果があり、ほおずき市の日は『四万六千日』分お参りしたことになり、つまり人の一生分以上の効果があるとされ、何ともご都合的な日になっている。

 

 そういう縁起はともかく、この日は写真のようにほおずきを売る店が境内に何十軒も並び、ほおずきの鉢とほおずきの成った枝を売っていて、入谷の朝顔市と共に夏の風物詩になっている。

 

 やはり子どもの頃、両親に連れられてほおずき市へ行き、その後浅草の名店で食事をするが、今思い出すと、入谷の朝顔と浅草のほおずきが家に同時にあったという記憶はなく、両方の縁日の開催日が近いためか、1年おきにそれぞれを買っていたのかも知れない。

 

 その買って来たほおずきの鉢に成るほおずきの実はまだ青く、それが熟して外皮が紅くなるのは楽しみであったが、それが過ぎると興味を失い、いつの間にか庭の片隅に追いやられる。

 

 ほおずきはナス科の植物だが、実家の庭にも生えていた時があり、その紅い実の中味を楊枝でほじくり返して遊んだりしたがやはりそれだけであったが、ほおずきは『ほおずきを鳴らす』という言葉があるようにこの実で音を出せる。

 

【写真−4 海ほおずきもやがて消える風物になるか】

 

 音は唇との振動によるものだが、この音を出すほおずきで思い出すのは『海ほおずき』で、かつては夜店に行くと海ほおずきを売っている店があって、店頭に並べられた海ほうずきの様々な色の具合と涼しさが甦る。

 

 海ほおずきは海に生息する巻貝の卵嚢、つまり貝が岩に産み付けた卵の殻でそれを採集して商品化していて、人工品万能の時代には廃れてしまったが、浅草のほおずき市の写真を再確認したら写真−4の海ほうずきを売る店を一枚撮っていた。

 

【写真−5 風鈴の音が五月蠅いとトラブルになる時代でも生き残っている】

 

 このほおずき市で『釣り忍』が売られていて撮ったのが写真−5。この植物は忍と名付けられ和歌にも使われる奥床しい語だが、シダ科に属する名前も『シノブ』で、日本から台湾方面に生える。

 

 これを吸水性の高い植物で土台を作ってシノブを植え付けたのが『釣り忍』で、写真のように風鈴をぶら下げて、暑い日本の夏に涼しさを感じさせるが、この釣り忍、死んだ父親が好きで、夏になると軒先にぶら下げていた。

 

 ただし、浅草のような所で買ったのではなく、実家近くの大正道路で開かれていた夜店に植木屋も結構出ていて、そこで買ったようだ。

 

 この釣り忍、夏を超して秋になり寒さが近づくと寒さに弱いのか年を越すことはなく、いつの間にか枯れた釣り忍を軒先から下ろし、処分するのが年中行事のようになっていた。

 

 このシノブ、似たようなのがフィリピンにも生息しているが、釣り忍にしようという発想はさすがにこちらにはなく、たまに網のバスケットに寄せ植えして売っているのを見るが、山に行けばいくらでも生えている植物なので、人気はいまひとつである。

 


 

author:cebushima, category:東京慕情, 20:03
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima.com/trackback/3192