RSS | ATOM | SEARCH
プーケット・ピーピー島・クラビ紀行 2018 その−(51) 最も有名なマヤ湾へ

【写真−1 湾口から船で近づくのは期待感を持つが】

 

 ピーピー島と標題にも書いているが、正確にはピーピー諸島のドーン島であり、ホテルなどの宿泊施設はドーン島だけにあり、プーケットやクラビからの船もこの島に着く。マヤ湾はドーン島南に浮かぶレイ島にあり、写真−1はマヤ湾の湾口で船は浜に着く。

 

【写真−2 岩山の切れ目から歩いて奥に行ける】
 

 マヤ湾は2000年公開の映画『ザ・ビーチ』のロケ地になって有名になったが、それ以前はドーン島同様訪れる観光客は多くなかった。写真−2はマヤ湾へ船がゆっくり後進して行く様子で、湾はエメラルド色で美しいが、浜は船と人が芋洗い状態。


【写真−3 水の色は美しいが清潔感はどういう訳かない】
 

 次々とスピード・ボートが出たり入ったりして、ボートをどこに着けるか順番待ち状態で、写真−3はようやく開いた間に船を着ける様子。この写真で分かるようにマヤ湾の砂浜は奥行きがなく、崖がすぐに立ち上がっている。

                                                        

【写真−4 船が着く毎にバラバラと観光客が浜に降りて通勤並み】
 

 マヤ湾にあまりにも多くの観光客が押し寄せるために、観光公害が指摘されている。写真−4は次々と観光客が上陸する様子だが、これでもまだ少ない方で、時間帯や季節によっては肩が触れるような有様にもなるという。

 

【写真−5 白砂は大勢の観光客に踏み固められてサラサラ感は薄い】
 

写真−5はマヤ湾の湾口に向かって左側の崖の様子で、このような崖がマヤ湾を取り巻き、左の方に内部へ行ける谷間がある。マヤ湾の湾口は西に開いているので、2004年の大津波の時は直撃を受けて被害を受けたと思われる。

 

【写真−6 ボートが邪魔だが映画で爆発的に知られる前は秘境だったと思わせる】
 

 写真−6は写真−5の反対側の様子。崖下が少しオーバー・ハングしていて、それが作る日陰に入って湾内を囲む岩山を眺めると、確かに秘境であった感じを受けるが、ボートのエンジン音と行き交う観光客の多さから閑静な気分に浸るには難しい。

 


 

author:cebushima, category:プーケット・ピーピー島・クラビ紀行 2018年, 18:45
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima.com/trackback/3210